今年のよかんべまつりは11月4日・5日に開催されます!

平成30年度9月例会

 

9月例会『講師例会』

テーマ:弁護士から盗め!!法的知識と伝える技術

9月19日、古河商工会議所にて9月例会を「弁護士から盗め!!法的知識と伝える技術」というテーマで研鑽教養委員会主催の例会を開催いたしました。メンバー81名中参加者57名、オブザーバー2名という多くの方に参加していただきました。研鑽教養委員会の志村和俊委員長が講師となり、日常ではなかなか触れられない弁護士の見解や、日頃知ることのできない知識を学びました。

例会の内容はクイズ形式で、VTR3問、寸劇1問の合計4問。VTRは委員会メンバーが俳優や女優になりきり、監督、カメラマン、そして委員会メンバー全員で作り上げました。男女関係にまつわる問題では、日常で稀にある「言った」「言わない」というトラブルについて、色々な捉え方がある事がわかりました。また、相手の言ったことを信じ過ぎると、大きな問題になりかねないのだなと感じました。寸劇では契約書にまつわる問題で、契約書の内容通りにならない場合もあることを知りました。

お題に基づき、11つの問題をディスカッションして、参加メンバーがそれに対する答えを二択で選びましたが、他のメンバーの意見を聞くと、捉え方や見解が変わっていきました。裁判の場合は、絶対に勝訴するとは限りませんが、1つの行動で大きく変わることを知り、守られる基準などがあるのだなと勉強になりました。

9月例会を通じて、様々な角度からの物事の捉え方や、講師の弁護士という職業がどのような職業なのかを知ることができ、得るものがたくさんありました。