青年部でワクワクをいっぱい感じてみて!

●【重要】古河YEG夢実現プロジェクトの募集について●

 

【古河市在住の小中学生、保護者の皆様へ】

古河YEG夢実現プロジェクトに向け、

夢の募集がスタートいたしました!

どんな夢でも叶うチャンスがあります✶ ꙳

私たちに任せて一緒に夢を叶えましょう★

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
↓↓応募フォームはこちら↓↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScCcehl077HTUI_mtFOk-TvkBW3pgeBLoAjWHwPEp-n_pocpA/viewform

※ Galaxyご利用の方は、一部、上記URLに直接アクセス頂いても、回答を

入力できない事象を確認しております。

以下2点のどちらかの方法でアクセスをお願い致します。

【1】ブラウザでchromeを選択頂くことで、回答が可能であることを確認しております。

chromeよりアクセスの上、対応をお願い致します。

【2】上記URLよりアクセス頂くことで、直接回答頂くことが可能です。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

たくさんのご応募をお待ちしております!

尚、抽選となります。当選結果については、

この古河商工会議所青年部のHPでお知らせいたします。

 

夢プロリーフレット2 (修正)

よかんべまつり のホームページを更新しました

よかんべまつりのホームページを更新しました。

よかんべまつりご案内の冊子のPDFデータをアップいたしました。
ダウンロードしご利用ください。

よかんべまつりの空撮動画を楽しんで頂けるなど、
コロナ禍対応の更新を行いました。

コロナ収束後、再び開催し、皆様と会場でお会いできる事を願っております。

▶︎よかんべまつり のホームページはこちら

令和2年度3月例会

3月例会 卒業式

テーマ:Go ahead!!古河YEG!!~最高のバトンタッチを~

3月14日、ザ・カナルヒルズにて3月例会『卒業式』を開催致しました。新型コロナウイルスの感染が続く中ですが、100名(現役63名、オブザーバー37名)という多くの方にご参加をいただき、10名の卒業生を無事に送り出すことができました。

今年度は全ての事業の開催が難しく、通常開催ができないまま卒業式を迎えましたが、何か卒業生のために今までにない卒業式を開催したいという想いを一つに委員会メンバーで設営して参りました。式典の細部から、二部の登場シーン、そして会場装飾等、一つ一つを工夫した『おもてなし』の卒業式が開催できたと思います。そして、ラストスピーチでは卒業生からの言葉を一文一句漏らすことなく聞き、残る後輩たちへ最高のバトンタッチができたのではないでしょうか。

卒業生からの言葉を胸に刻み、これからの青年部活動も邁進いたします。

拡大親睦委員会 委員長 生井 理惠

【令和2年度卒業生】

大滝祥起君、大谷祥寛君、川島秀明君、小林登美子君、白石竜一君、鈴木芳雄君、

竹内 淳君、中村有智君、奈良和久君、名和茂穂君 以上10

令和2年度1月例会

1月例会『令和2年度 第二回定時総会』

テーマ:『LET‘S HAVE FUN!!』〜GO!まだ見ぬ達成感の先へ〜

1月19日、Zoomクラウドミーティングにて「令和2年度 第二回定時総会」を開催致しました。当日は青年部メンバー83名中58名が参加し、厳粛な雰囲気の中「古河商工会議所青年部 規則改正の件」、「令和3年度 組織図及び役員の件」について議事が滞りなく執り行われました。承認後には令和3年度 志村和俊会長から、会長所信と次年度スローガン 古河YEG 改革 ~ さあ 新しい歴史を紡ごう ~ の熱い想いをご発表頂きました。

 その後、次年度委員長の方々に令和3年度の抱負を語って頂き、また今年度のこれまでの活動を映像で振り返ることで、小野寺年度のラストスパートに向けて想いを一つにすることが出来たことと存じます。

緊急事態宣言中の為、Zoomを使用しての開催となり、皆様に直接お会いできませんでしたが、各々の発表は困難な状況にあっても乗り切っていこうという思い、そしてスローガンにもある通り、新しい歴史を紡いで行こうという前向きな思いが感じられました。

 最後になりましたが、ご多忙中の所ご参加いただきましたオブザーバーの皆様、そして青年部メンバーの皆様に感謝、御礼申し上げます。

総務広報委員会 委員長 須藤 保

令和2年度12月例会

12月例会「提灯竿作り体験」

 

1213日、会議所駐車場にて12月例会を開催しました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で提灯竿もみ祭りが中止となりましたが、技術や知識を持っている方が卒業されていく中で、若手がそれらを受け継がなくてならないため、提灯竿作りを体験していただきました。

例会が始まるまではたくさん準備することがあり混乱することもありましたが、いざ始まると、周囲の方に助けていただきました。竹を切ったり提灯を作ったり、すべてにおいて初体験で新鮮な思いをしました。

また、メンバーが安心して例会に参加できるように、アルコール消毒やマスク着用、さらにフェイスガードを準備し、感染予防対策も万全にしました。

コロナウイルスはいつ終息するかわかりません。その中において、今後は私たちが変化していかなければ生きていけない時代になるかと思います。その対策や準備をしていく意義や大切さを感じた例会となりました。

 

地域活性交流委員会 委員長 田口 善彦

令和2年度11月例会

11月例会
テーマ:クイズで学ぶ古河よかんべまつりの勉強会

 1110日、古河商工会議所にて11月例会「古河よかんべまつり勉強会」を開催いたしました。例年、11月の第1土曜・日曜は古河よかんべまつりを開催し、会場の古河公方公園には多くのご来場をいただいているのですが、残念ながら令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となってしまいました。毎年ステージイベントに出演していただいている方々や、飲食・物販テントの出店者の皆様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 古河よかんべまつり中止を受け、我々青年部として何ができるのかと考えた事業が、今回の勉強会でした。在籍年数が異なる私たちは、当然、同まつりに対する理解度もバラバラです。そこで、全員参加型のクイズ形式にすることで、解答する側は真剣に考え、問題を出す側も答え合わせが終わった後の解説をするために、過去の資料を見るなどして理解を深めることが出来ました。キャリアの浅いメンバーは新たな知識として取り入れ、ベテランのメンバーも意外と知らなかったことや理解をしていることへの再確認ができた例会になったのではないかと思っております。
 結びに、「古河よかんべまつり」は会議所会員の皆様全員で作り上げる「おまつり」です。次年度以降におきましても、引き続きご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 事業企画委員会 副委員長 針谷 健太

令和2年度10月例会

10月例会

テーマ:「経営者としての礼法」〜今となっては聞けないビジネスマナー〜

10月14日、古河商工会議所において、コミュニケーションインストラクター松尾友子氏をお招きし、講師例会を開催いたしました。 松尾先生は、元日本航空客室乗務員として勤務され、退社後は客室乗務員の経験を生かし社員研修インストラクターとして全国各地の企業・団体等をご指導されております。TBS「はなまるマーケット」あなたのマナーの解説者としてレギュラー出演など幅広く活躍されました。

  松尾先生の講演はロールプレイング方式で一人一人に必ず問いかける内容となっており、参加者を飽きさせず、皆真剣に受講することができました。社会人となり今となっては聞けない事を、クイズを交えながらしっかりと基礎から教えて頂き、今まで知らなかった事や自分が行ってきたマナー・作法が正しかったかを再確認できたかと思います。

  また、すぐに実践できる名刺交換の細かな気遣いの部分や、新型コロナウイルス感染症予防対策を踏まえた接し方も教えて頂き、青年経済人としてスキルアップができたかと思います。

研修研鑽委員会 委員長 須永 太

令和2年度9月例会

9月例会

テーマ:交流会

 915日、商工会議所にて9月例会「交流会」を開催しました。

新型コロナウイルス感染症による自粛以降、初めてメンバーが一ヶ所に集まった例会となりました。今まで人と会うことが当たり前だったのに、人と会うことがこんなにも難しくなるとは誰が想像したでしょうか。そんなこともあり、今回の交流会はみんながたくさん笑える有意義なものにしたいという強い想いがありました。

第一部では、委員会メンバーによるクイズ大会、ジェスチャーゲームを行い、会場を盛り上げました。第二部では、『しくじり先生』と題して本年度ご卒業予定のメンバーから魂のこもった熱いメッセージを頂き、真剣に聞き入りました。それぞれの胸に響く言葉があったと思います。

今例会を通し、YEGの魅力を再確認できたのではないでしょうか。そして仲間と笑い合えることに幸せを感じたのではないでしょうか。新型コロナウイルス感染症で今後も様々な困難があると思いますが、最高の達成感を得るために、みんなで前を向いてこれからも活動していきましょう。

拡大親睦委員会 副委員長 大城 勝人

令和2年度8月例会

8月例会

テーマ:Zoomを使った交流会

 87日にZoomクラウドミーティングにおいて、Zoomを使用した交流会を行いました。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けてなかなか集まれない中で、人と話す機会が減り、情報交換もできなかったと思います。YEGの魅力の一つでもある交流の場を何とか作りたいと思い、本例会を企画しました。魅力ある先輩方の価値観に触れる事やYEGの歴史を聞くことで、勉強になると思ったからです。

参加された方からは「Zoomにこのような使い方もあるのか」「仕事でも使ってみたい」など、様々なお声をいただきました。何より、参加されてる方の楽しそうな顔がとても印象的でした。

新型コロナウイルス感染症でやりたい事が出来なかったり諦めてしまったりする事があると思いますが、今の状況でも出来る事を考えていくなかで、Zoomクラウドミーティングは使い方によってはまだまだ可能性を秘めているのではないかと感じました。また、今後においてzoomを使うことが当たり前になり、事業の内容や仕事のあり方が急速に変化していくのではないでしょうか。

今後はオンラインで出来る事とオフラインでしか出来ない事を見極め、使い分けていきたいと思います。

地域活性交流委員会 委員長 田口 善彦

令和2年度7月例会

7月例会「委員会メンバーによる講習会」

テーマ:エンジェルタッチを一から学ぼう

7月16日、Zoomクラウドミーティングにて7 月例会「委員会メンバーによる講習会」を 開催致しました。青年部メンバー79名中61名と、多くの方のご出席をいただきました。

Zoomを使用しての講習会を一から作り上げていくため、Zoomとエンジェルタッチ(情報共有ツール)の操作方法を学び直し、試行錯誤しながら資料の作成をしました。

使い慣れたつもりだったエンジェルタッチも、調べていくと知らないことも多く、たくさんの学びがありました。入会間もない方にはデモンストレーションなどを取り入れて基本を学んで頂き、在籍の長い方には色々な機能を使いこなして頂ければとの思いがありました。

本例会により皆様のエンジェルタッチに対する理解が深まれば幸いです。

総務広報委員会 委員長 須藤 保